投稿

歴史学_単位取得

 歴史学の科目試験を受けました。過去問サイト見ると完璧にやまはれるので、第6回の「東アジアの近現代史で起きた戦争について、まとめなさい。」についてガッツリまとめる。と言っても、教科書だけでは無理なので本を買いました。 【2020年度第6回】 ・東アジアの近現代史で起きた戦争について、まとめなさい。 はい!まとめてます!いつものあの罫線用紙いっぱいに書き切りました。 結果:93点 S・S・93で「秀」です!やったー!まあ教科書ノート見てなかったらだいぶキツかった…そんなわけで今年度最後の試験でした。来年度からはまたいつもの試験会場で実施に戻るそうです。えーん来年度も在宅がいいな…なんだかんだまだ怖いし…。 参考文献  

歴史学_課題2合格

イメージ
提出日:01/06 処理日:01/18 課題2「自分と関係がある地域(現住所や出身地の都道府県・市町村区・地区)の歴史をまとめよ。」 住んでるところや出身地…ではなく、勤務地の千代田区をテーマに決定。1日のほとんどを過ごしているからセーフだはず!なにより千代田区について調べたかったので。はるか昔は海、武家屋敷、そして現在のオフィスビル街にいたる歴史を述べました。 結果:S 講評要約:参考文献が豊富で、文章が上手で読みやすかった うお〜生物学に引き続き連続Sうれし〜。 千代田区というか大手町・丸の内・有楽町が大好きです。ビル群の隣に皇居あるのたまらん。今年度一楽しい課題だった…。日比谷図書館には常設展の他、千代田区リーフレットなんかもあって、大変お世話になりました。 行幸通り 参考文献 『目で見る千代田の歴史』 著 者:千代田区立四番町歴史民俗資料館 発売日 : 1993/2/1 発行元 : 東京都千代田区教育委員 ・千代田区ホームページ:https://www.city.chiyoda.lg.jp/ ・日比谷図書館1階 常設展示室「江戸・東京の成立と展開」

歴史学_課題1合格

提出日:10/19 処理日:忘れました 課題1「教科書の各章から、自分が関心をもった章を一つ選び、その内容をまとめよ。」 歴史学です。教科書から好きな章まとめる〜ときたら、自分の一番書けそうな章をチョイスすればOK。歴史…なので取っ掛かりやすい近現代…ということで一番最後の第9章「21世期東アジアの史的展開」をテーマに決定。リーマンショックからの9.11テロなど、20世紀末〜の記憶はちゃんとあるので、当時自分の思い出も加えつつ、中国貿易や市場の拡大、それに伴うアジアの展開、締めは2020年の6月に施行された「香港国家安全維持法」で。 結果:S 講評要約:よくまとめている。自身の記憶を加えるスタイルは面白い。香港関連のニュースは今後も注視すべき問題でしょう。 Bでも良しと覚悟したところまさかのS。堅実な教科書ですがちょっと難しい…他のわかりやすい参考文献もあると理解度高まるかも。 参考文献

生物学_単位取得

イメージ
第5回を受けました。自宅で。過去問サイトみると、3つの設問から1つ選んで、図を用いて説明する必要があるそう…。ヤマははれなさそうだったので過去問全ての設問に図で答えられるよう復習。 【2020年第5回】 1.リチャード・オーウェンの発見した一つの大きな図式について、具体的な動物をあげ比較して説明 2.歯が形成されたことで、どのようなことができるようになったか。具体的な肉食/草食の動物をあげ特徴を説明 3.爬虫類/哺乳類の特徴を、歯・顎・耳を比較して説明 1.のオーウェンの図式は課題1で頑張って描いたのでこれに決定!図はもちろんですが、文章でも半分ぐらい埋めた記憶。いつものあの罫線用紙1枚埋めないとなので。 レポートに描いててよかったー! 結果は85点の優でした。手応えはあったので一安心。ただ、絵をかくのかなりハードだったので、教科書不可(見れない)の普段の試験ではとれてなかったのでは…。かなりラッキーでした。 生物学、なにより教科書の本が面白いし、絵を描くのが苦痛でなければおすすめです。試験は上述のとおりちょっと厳しいかも。個人的には、参考文献の生物や人体の描写がちょっとリアルできつかった…。

生物学_課題2合格

イメージ
提出日:11/4 処理日:忘れました 今更だけど、提出日→レポート出した日、処理日→添削された日という意味で使ってます。 課題1「教科書6~11章の要約をまとめること。各章ごとにイラストを加えること。1章につきA4用紙1枚(計A4用紙6枚)。文字数は各章400字程度。」 課題1は、1〜5の5章ですが、課題2は6〜11なので6章です。やることは同じ! 今回は色つけてみたり 結果:S 講評要約:構成に工夫がみられ読みやすかったです。試験前に、自分の作成したレポートを復習してください。 1に引き続きS!連続S評価は初めてです。今回はかなり参考文献探しました。ゲノムとか人体とか…。次は科目試験〜。 参考文献

美術論_単位取得

美術論の試験を受けました。昨年の第6回で50点で落第したので、試験のためだけに継続履修となります…。 今年2020年度はコロナ渦により、在宅での科目試験となりました。詳しいことはwebキャンパスなどを参照。要は①試験用紙が自宅に郵送されるので、②試験当日に1時間内に解答、③翌日の消印で大学に送り返すといった方式です。 【2020年第4回】 ・政権移転による美術の影響について鎌倉時代を例に述べよ。 美術論は毎年出る傾向が同じなので、バッチリ対策してました。対策して昨年落としたんですけど…。しかも今年は教科書・ノートを用いてOKという太っ腹。おかげで用紙を全て埋め尽しました。 結果:60点 低!何はともあれ2年越しで「可」で単位取得です。 うーん、レポート課題1は他課目から流用できるし…と履修したものの、つかみどころがないまま終わってしまった。おすすめ!とは言い切れない課目です。まあ教科書見て60点しかとれない私の理解不足と言われればそれまで…。

生物学_課題1合格

イメージ
提出日:10/7 処理日:10/10 3日で返ってきました。早い!10日は土曜日だし…。 課題1「教科書1〜5章の要約を1章ごとにまとめること。1章ごとにイラストを加え、簡潔にまとめること」 生物学は、教科書の内容をまとめなさい系レポートなのですが、他の科目と違うのは「1章ごとに」「1イラストを必ず加える」という点です。図版を3点以上添えるデザイン史とは違ってイラストです。しかも1章1イラストなので、課題1でイラストを5点描かないといけない。そのかわり、文章も1章ごとで各章400字程度なので、ダーっと1800字以上書くよりは気楽。 これを5章分 文章をグーグルドキュメントで作成、イラストも完全デジタルで、教科書の図版や参考書籍を元に、150×150mmの300dpiで描いたやつを挿入して、A4 1枚分のPDFに書き出して、一つのPDFに合体して、web提出です。 結果:S 講評要約:文章も図も、しっかり教材を読んでいることがわかります。次からは教科書も参考文献に加えてください。 イラストはまあまあトレースしたのでだめかな、と思ったのですがSなのでヨシ!教科書も参考文献なので下にも加えておきます。課題2も引き続き同じ感じです。 参考文献

4年生です

【2020年度/4年生/コミュニケーションデザインコース】 ◻︎歴史学 ◻︎生物学 ◻︎コミュニケーション論 ◻︎映像文化論 ◻︎デザインマネージメント ◻︎デジタルファブリケーション実習 ◻︎コンピューターリテラシーII(継続履修) ◻︎健康と体力研究(継続履修) ◻︎美術論(継続履修) ◻︎デザインⅡ(継続履修) ◻︎イラストレーション(継続履修) ◻︎パッケージデザイン(継続履修) ◻︎図法製図Ⅰ(継続履修) ◻︎メディア環境論*(継続履修) ◻︎マルチメディア表現*(継続履修) ◻︎イメージ編集Ⅰ*(継続履修) ◻︎コミュニケーション研究Ⅰ*(継続履修) *=必修 前期は休学したので、後期の10月から4年生スタートです。ほとんど3年次からの継続履修。スクーリングはデジファブのみですが、この状況なので行かないかもしれません。面接授業単位は来年度の必修スク分でギリギリ埋まるので、まあ行かなくてもいいのだ。ヘビーな4単位科目(映像文化論、デザマネ)も来年に持ち越しても良いかな。できれば来年度で卒業したいけど、この状況なのでしなやかにいくぞ〜。

初の休学&復学

 2017年に入学してからストレートに2年→3年→4年とあがってきたのですが、 2020年スタートと同時に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行…。 3月の履修登録時、スクーリングはおそらく難しいだろうし、休学しようかな〜と思いつつも既に休学申請期間は過ぎていたので(昨年と同パターン…)、とりあえず2020年度も進学を決めました。 が!やはりこの未曾有の事態。5月に 通年・前期休学を受け付けるよ〜 とのお知らせ。 コロナ以前に私自身の環境が変わってバタバタしていたのもあり、せっかくなので初の半年休学をしてみました。以下は2020年度の場合なので、あくまで参考に。あとうろ覚えです。 休学 手順としては、 事務に休学したい旨をメール 休学願が添付されたメールがくる 休学願に記入し学校に送付 学籍異動通知が自宅に来る 学費返還手続き書類を学校に送付 納入した学費が返金される となります。 これにより前期(4〜9月)休学となるため、この期間に試験申し込みやレポート提出等は一切できません。Webキャンパスは普通に入れるし見れます。 更に注意すべきなのが、後期始まってすぐの秋期スクーリング申込もできません。 私は10月2日〜10月4日のスクーリングに申込予定だったのですが、事務にメールで確認したところ、休学期間中のスクーリング申込は不可ということでした。 私の場合は冬期スクでも開催があるのでセーフでしたが、必修だったりスケジュールの都合だったり、どうしてもこの期間のスクーリングをとらないといけない!な方は要注意です。 復学 復学するには、 後期学費を納入(先に納入です!) 復学願に記入し学校に送付 9月末あたりに「学籍異動に関する通知書」が届く となります。 復学願は休学届を出した後の学籍異動通知送付内容の中にあります。②復学願を出した後は特に電話やメールが来るわけではく、9月15日以降に④が届くので、不安な方は特定記録や簡易書留で送ったほうがいいかもしれない(※コロナ渦で事務側の都合もあるかもなので確認してください)。とはいえ学費を納入してるので、届かなかったらなにかしらアクションはあると思いますが。 そんなわけで、4年生になると同時に休学したので、今年度の卒業は不可となりました。1学年に最低1年は在学しないといけないけど、今年度は0.5年分しか在学できないからね

3年生まとめ

 2019年度、大学3年生終了です。 【2019年度/3年生/コミュニケーションデザインコース】 ◻︎コンピューターリテラシーII(継続履修) ☑︎社会学 ☑︎民俗学 ◻︎健康と体力研究(継続履修) ☑︎日本美術史 ◻︎美術論 ☑︎工芸論 ☑︎建築史(継続履修) ◻︎デザインⅡ ◻︎イラストレーション ◻︎パッケージデザイン ◻︎図法製図Ⅰ ◻︎グラフィックデザインⅠ(2019年で廃止なので、今年度中にとらないといけない) ◻︎メディア環境論* ◻︎マルチメディア表現* ◻︎イメージ編集Ⅰ* ◻︎コミュニケーション研究Ⅰ* *=必修 合計12単位取得 わはは、言い訳のしようもないほど何にもできない年でした…。それでも4年生には上がります。入学当初の目標の「最短4年卒業」は不可能となりましたが、怒涛のコロナ渦によりそれどころではない。