投稿

大学メールアドレス無くてもApple Music学生プラン使えるよ!

イメージ
通信美術大学生になってから、美術館はもちろん、映画館や展示、AmazonprimeのStudent会員などで学割の恩恵を受けまくっているのですが、


手続き進めてくと"メアドがない時はこちらへ連絡してね"みたいのが出てきて、そこへ連絡したら"学生証の写真送ってケロ"て返事がきて送ったら学生料金になりましたよ〜私も2年くらい諦めて普通料金払ってました。もったいない🐟 — とじー (@tozzzzzzzy) 2019年4月12日

なんだってー!?

以下手順!


①我が校を選択(武蔵野美、でサジェストされる)して、「続ける」

②メールアドレス入力をスルーして、下の「UNIDAYSサポート」をクリック

③「UNIDAYSサポートに問い合わせる」をクリック

④メールアドレスを持っていない旨を記入して、「チケットを送信」

⑤しばらくするとこんなメールが来るので、 そのままこのメールに学生証の裏表の画像を添付して返信 その後、なるべく24時間内に返信しますね!的な自動返信メールがきます

⑥学生証で無事、学生認証されました! けど特にリンクなどは無い
⑦設定→ユーザー名→iTunesとApp Store→Apple IDをクリックして Apple IDを表示→下にスクロールすると登録があるのでそれをクリック、 Apple Musicメンバーシップが「個人」のままだったので、その登録をキャンセルし、 「学生」をクリックすると、上の画面のように買えるようになってるので、 確認をクリック!(長)

⑧学生(¥480)になった!

⑨このようなメールが来て、Apple側とのやりとりはおしまい

というわけで学生3年目にしてApple Musicも学割適用となりました。。。 個人(¥980)と500円の差額、500×24ヶ月=¥12,000。。イラレ学生版の1年分。。。
教えてくださった先輩に感謝です。 1日で認証されるので個人(¥980)の学生はサクッと変更しちゃいましょう!

3年生だよ!

イメージ
【2019年度/3回生/コミュニケーションデザインコース】
◻︎コンピューターリテラシーII(継続履修)
◻︎社会学
◻︎民俗学
◻︎健康と体力研究(継続履修)
◻︎日本美術史
◻︎美術論
◻︎工芸論
◻︎建築史(継続履修)
◻︎デザインⅡ
◻︎イラストレーション
◻︎パッケージデザイン
◻︎図法製図Ⅰ
◻︎グラフィックデザインⅠ(2019年で廃止なので、今年度中にとらないといけない)
◻︎メディア環境論*
◻︎マルチメディア表現*
◻︎イメージ編集Ⅰ*
◻︎コミュニケーション研究Ⅰ*
*=必修

ついに専門課程進学です。コミュニケーションデザインコースって最初から決めてました。むしろそれ以外のコース行けない。
3年から4年に進むのに条件は無いけど、9月あたりまでに108単位取得してないと卒業制作つくれないので、4年生を繰り返すことになる。
1年次に33単位、2年次に32単位で、現在65単位。平均して1年で32.5単位とってる。
3年次40単位フルでとれたとして105単位。
4年次春あたりに3単位とれば、、、っていう皮算用。
今の目標は最短卒業だけど、まあ体にも心にも無理せず楽しんでやっていきたいです。

専門課程進学条件が変更されたので、旧進学法(?)で専門課程に進んだ3年生は今年度が最後になるのかな。なんか感慨深いものがある。みんな、頑張ったね(泣)。

2回生まとめ

2018年度、大学2年生終了! ☑︎レポート入門I ☑︎レポート入門II ☑︎美術入門 ☑︎コンピューターリテラシーI ◻︎コンピューターリテラシーII…一切手をつけられず。継続履修。 ☑︎コンピューターリテラシーⅢ ☑︎情報社会倫理論 ☑︎情報職業論 ◻︎健康と体力研究…2月最終週に提出予定も間に合わず。継続履修。 ☑︎身体運動文化研究 ◻︎健康と身体運動文化I(バドミントン)…平日3日スクはやっぱり無理だった。 ☑︎色彩学 ☑︎美術解剖学 ☑︎現代芸術論 ☑︎印刷文化論 ☑︎心理学 ◻︎建築史…ヘビーすぎて課題1のみ。継続履修。 ☑︎グラフィックデザイン基礎II ☑︎編集デザイン ☑︎タイポグラフィ
☑︎レタリング
合計32単位取得
〜スーパー言い訳タイム〜 6月に趣味が再熱し3ヶ月ほど課題そっちのけで没頭、後期は休学しようと書類取り寄せるも結局せず、でも来年は仕事も学業もやめてワーホリか語学留学で海外に行こうかな、そしたらやっぱり休学か、でもとりあえず単位とれるだけとっとこう、あともう一息というところで家族の訃報で地元に戻り、来年度はやっぱり休学しようと思うけど手続きに間に合わず、とかやってるうちにギリギリ進学できることになっていた。
1年次に比べると圧倒的にやる気が足りてなかった。後半追い上げが我ながらすごかったのでその勢いを最初から出せばいいのに。。。

スクーリングでの出会いにめぐまれた年でした。
ツイッターなどで繋がっているみなさんにはお世話になりました。
来年度も仲良くしてくれると嬉しいです。

グラフィックデザイン基礎Ⅱ_通信課題2合格(オピニオン)&単位取得

イメージ
・身近な社会問題をビジュアルで表現する(A4出力したものをB4イラストボードに貼る)×3点
噂には聞いていたビジュアルオピニオン。ラフを5回出してオッケーをもらいました。 スクーリングで先生に案を出しに行くやつを郵送でやっていると思えばそんなに苦では無い。 ↑のラフたち、上から下に向かって決定稿に近づいて行ってます。
以下、最終提出物
沖縄基地問題に対する意見-75点
講評要約:解像度が低いのがもったいないけど、切り口の鋭い優れた作品。 これは一番最初のラフ出しからオッケーをもらってました。 元はB29だったのを、オスプレイに変更。 航空画像は沖縄感を出すために海を配置して、沖縄建築特有の赤瓦を目立たせています。

妊婦の喫煙に対する意見-78点
講評要約:最初の案からよくここまでシンプルにまとめた。明快かつインパクトがある、非常に秀作。 おしゃぶり先端部分は、求める形のものが見つからない&フォトショ加工するのが面倒なため、海外から通販したものを合体させました。タバコはフリー素材、煙もフリー配布されていたブラシ。 フォトショップ合成よりアナログ合成のが楽

水道民営化に対する意見-88点
講評要約:最新のテーマをうまく扱っている。今年度のビジュアルオピニオンを代表する作品の一つといえるでしょう、素晴らしい作品! だいぶ大変だったけど高評価で報われました。参考作品になりました。 手の部分はamanaimagesで購入(XLサイズ)。 コイン投入口は、自販機の投入口と郵便局のスケール台の一部分を合成。 理想のコイン投入口が無く悩んでいるなか、
他のレポート出してる時に、ここ使えるじゃん!とひらめき撮影
今年度一頑張ったムチャクチャな合成。

75、78、88点の合計241点。平均80点の優評価をもらいました。

グラフィックデザイン基礎Ⅱ_通信課題1合格(ビジュアルカルタ)

イメージ
・ビジュアルカルタ(五十音のカルタを指定のフォーマットにまとめる)
・ビジュアルカタログ(カルタの中から一つ選んだモチーフの5点の異なる表情をとらえる)

最初に、私は写真苦手だから青系のバックに撮っておしゃれっぽくまとめよう!と戦略をたてました。

何をどんな構図で撮るかエスキース(仕上がりの枠に構図のラフを描く)。
撮るモチーフはすぐ思い浮かぶもの、なるべく家にあるもの、買うとしても安いもの。

銀座の伊東屋に行ってバックにする紙を購入。

モチーフが揃い次第、iPhoneで黙々と撮影。

Photoshopで調整。

イラレで配置、3面に分ける。

キンコーズで出力。

トンボカットし、画用紙の台紙に貼っていく。

仕上がりイメージのコピー

貼る位置にアタリをつけて
貼る。台紙より−3mmにしてある。
一枚一枚それこそカルタにして貼ったほうがかっこいいと思うけど、手間がかかるので一面でビャーッと出しました。 表紙には青系ベタに白文字で、名刺っぽくしたやつを貼った。 ビジュアルカタログはトマトに決定。これも全面で出力。


あとは五十音のキーワードを書いたA4出力と一緒に提出。
結果は80点。 講評要約:空間の扱いなどよく考えられている。ブルーグリーンのバッグはちょっとリスキーだけどうまくマッチさせている、作者の意図がはっきり感じられる作品です。
あとは予想どおり、写真表現の甘さの指摘でした。写真うまくなりたいなあ。

グラフィックデザイン基礎Ⅱ_スクーリング後半(ダイアグラム)

イメージ
2018/08/11と12の土日、吉祥寺、グラ基礎Ⅱスク後半。
持っていくもの、事前に調べておくものは「小林一茶で関心のあることがらについて」。
なぜかノーチェックで、とりあえず図書館で一茶の本をいくつか借りてのぞむ。

ざっくりやること「小林一茶のなにかをダイアグラムにする」。

最初にクラス分けがされます。といっても個人プレーです。
一茶について調べてきたこと、ダイアグラムにしたいことをチーム内で発表していく。
「そういうデザインがやりたいだけだよね、そのデータをダイアグラムする意味は?」と、みんなの前できびしい指摘をされるもへこたれないぜ。
先生に「これでいこう」とオッケーをもらった人からパソコンルームに移動して作業。
私は準備してなさすぎるのもあり、どうしよーとぐるぐるして結構残った。
結果、『一茶 秀句五〇〇』の中で「春」「夏」「秋」「冬」が使われている句を抜き出してダイアグラムにする案を提出。
いい本持ってるじゃない〜これでいこう!ということで決定。
ダイアグラム作業は、、、載せていいかわからんので控えますが、今までの課題作品でダントツいまいちな仕上がりです。人気投票も特にふるわず。とりあえず合格をもらいにいったスクーリングでした。

小林一茶となると、その人生もとい付属するデータも膨大で、全てを網羅してダイアグラム化は無理。データベースをピックアップして、その中のデータのみでダイアグラムを作るのがコツかもしれない。私の場合は『一茶 秀句五〇〇』という一冊の本のデータベースのみで、他の資料は一切使ってません。なのではじめにデータベースを決めて持っていって、これでいきます!とプレゼンすると進みやすい。

結果は78点。2日間で仕上げるのは結構ハードで、仕方ないけどピリピリしてたな。
ちょっとしんどいスクーリングでした。

グラフィックデザイン基礎Ⅱ_スクーリング前半(文字組)

イメージ
2018/07/21と22の土日、吉祥寺にて。グラ基礎Ⅱスク前半です。 持って行ったのはUSBと筆記用具。事前にオンラインプラスで視聴する動画があるのでチェック。特に予習とか事前準備はせずにのぞみました。
ざっくり2日間でやったこと ・課題1「いろはにほへと〜」の文字組 ・課題2「銀河鉄道の夜」の文字組 ・課題3「天声人語」の文字組
初日の午前にひらがなのスタディ(いろは)、 午後は本文組と見出しのスタディ(銀河鉄道)。 スク後にモリサワフォントセミナーがあったので参加。これがとても面白かった。 色々な話が聞けるし、資料もたくさんもらえるので是非いきましょう。
2日目の午前は天声人語のデザインをして、 午後に1から3のデータをプリントし、いつもの人気投票と講評。 全面載せるのはちょっと不安なので、それぞれのメインの部分のみ↑。
配布されたテキストを指定された文字形式でデザインする、みたいな授業でした。 いろは〜が結構苦痛で、正解がわからないままひたすら先生のオッケーが出るまで提出を繰り返す感じでした。銀河鉄道と天声人語はかねがね自分の好きなようにできたかなあ。人気投票も特に票は得られませんでしたが、銀河鉄道のやつだけは「授業の主旨とは異なるけど、こういうデザインもありだよね」的に取り上げられました。
結果は78点。手応えない割には思ったより点数あった。